2016年11月21日

電子レンジ 逝く

製造年 1995年日立オーブンレンジ MRO-L85

新婚生活当初より 時をともにした 愛機

昨日ヒューズが切れた 分解して ヒューズを交換 ??? はんだで付けてある

交換したら とりあえず動くが すぐまた15Aヒューズが切れる

高圧コンデンサー が悪いのか マグネトロンが機能していない?

近所の電気店で聞いてみた お客さん 今の電子レンジは高圧コンデンサーは使用していない

インバーター制御です

どうやら回路形式が根本的に変更されている 今年は2016年 20年以上を過ぎている

だが直してみたい 同じ商品から部品を流用すれば・・・出来るとおもったが

さすがに20年 中古市場でもすでに姿を消しているようです

DSC_2804.JPG

新しく  日立MRO-T5E3 kk 税込み¥19384- 100万ボルト 5年保証
DSC_2806.JPG

100万ボルト 5年保証  ??? チラシをよく見ると 100万ボルトカードで

と記載のある商品と単純に5年保証の2種類???

カードを作成してもらい ¥2000-の割引券 ¥3000の割引券 ¥1000分のポイントがもらえた

ただしカードの維持費 ¥980-/年間  5年使うと 約¥5000-

しかも故障時にカード所有がなければ保証はされない  あり地獄パターン

やはり 只より高い物はない













posted by ohashi123 at 13:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

JR 東海 ぷらっと こだま

東京品川~京都駅

JRこだま 通常料金片道 ¥13600-であるが ¥10100-で乗車できる(申し込み必要ネットでも)
移動時間4.0時間 550kmある  (金券ショップは通常料金-1000が相場です)
のぞみ3.0時間 ひかり3.5時間 こだま 4.0時間

安く移動するには 高速バス が¥8000- だが 8時間もかかる

関空 成田 をLCCで移動も安いのだが 関空までの高速バス 成田~東京までの移動運賃
時間を考慮すると 5000+2500+1000=8500ほど 時間は1.5+1.5+1=4時間+α

やはり東京移動は新幹線?では 往復利用は割引は無い
posted by ohashi123 at 17:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

ループ電気に申し込み

電力自由化が始まり 当初 ほくでん~AU電気 に切り替えしようとした

がしかし 我が家の契約は従量電灯C 12kVA  当初AUではお取り扱いできません(現在はOK)

残念な記憶が・・・2016年3月の出来事

あれから 8ヶ月  基本料金0円 電力料金 31円/Kwh  LOOOP電気なる電気事業者が出てきた

東京 関西のみ当たりで当初販売を開始していたたようだが  ようやく北海道 北電エリアに

サービスできるようになった

2015年 ほくでんでの年間使用料は 2880kwh ¥125000- 
2014年 ほくでんでの年間使用料は 2753kwh ¥114000- 

これを1kwh/31円で計算すると  2880kwh ¥89280- 71% 

-35720年額となるはず

だが値上げした場合は? 本州は1kwh/24円 地方差差別に我慢出来るかは?

障害アフター? 窓口はネットのみ

インターネット回線を持たなくても契約維持可能なものなのか?出来なくもなさそう

支払いはカードのみ  

支払いが滞った場合でも使用が可能なのか? ライフラインなので死をも予感する

オール電化の大量消費は高くなるのでは?



あまり気にせず 申し込みした




posted by ohashi123 at 17:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

バニラが函館に

道新のニュースの一面が

LCCバニラエアが函館に就航するよです

関空~函館 成田~函館 の2航路を増設すると

準備がそろい次第運行  
posted by ohashi123 at 20:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

タコ部屋労働②

タコ部屋労働 の記述をたどると花岡事件なるものを見つけた

北海道ではなく 秋田県  (昭和20年)1945年6月30日

花岡鉱山で中国人労務者が蜂起し、日本人を殺害し、その後鎮圧された事件

鉱山労働力が不足した戦争末期には、花岡川の改修工事などを請負った鹿島組により

1944年7月以降に現地移入した中国人は986人 7名は輸送中に死亡

花岡での生存者500余人  花岡で殉難した中国人の遺骨400余箱 生存率は55%

太平洋戦争中日本の労働力不足補給のため中国から強制連行された中国人は約4万人に達すると



シベリア抑留された日本人捕虜の総数は、763,380人推定

帰国者208,375人 残留者477,898人 死亡者77,107人

死亡率は10%

上記の数から残留者が非常に多いいったい何処へ?

確かに敗戦した日本へ帰るのは軍人として恥ずるべきものなのか敗戦国にはあえて戻る意志を

無くしたものなのか 確かに軍人でありながら敗戦国にあえて戻らないのも一理ある

日本に帰国し軍神様として 帰還後に地域で働きもせず偉そうに生きていた爺さんがいた

子供のころあの人は働いていなかったの?と親に尋ねると 兵隊にいっていた人と説明された

昨年 亡った ゲゲゲの爺さんの軍神様の話も理解できる


だが囚役労働は昭和の時代には禁止されているのに

労働力不足補給のため中国から強制連行された中国人は約4万人

戦時中なので過去の法律は停止していたのか?そんな議論など無用で

関東陸軍の独断場であったのだろう

やはりエネルギー確保のため終戦末期には石炭増産 炭鉱労働が多かったのだろう

北海道でも炭鉱構内で使われる松丸太(仮設材)が必需品であった


囚役労働に話は戻るが 網走監獄での生産品はマッチ棒  

後に国道開設 この国道開設に従事した明治初期の囚人労働がタコ部屋の始まりなのか?

だが北海道での監獄囚人者数から推測してもそれほど多い人数では無かったのでは?

網走監獄では 「網走刑務所過去帳」によれば、一八九一(明治二四)年の死亡者は二三八人で、

そのうち道路工事以外の死亡者二六人を引いた二一二人が、囚人道路の殉難者だった

一八九四(明治二七)年、囚人の外役労働は廃止された







posted by ohashi123 at 19:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

タコ部屋労働

建設業を生業としている私であるが

タコ(他雇)  タコ部屋労働なる言葉は聞いてはるが遠い昔話としか感じていない

以前勤めた会社に開発〇に勤めていたOB 悪く言えば天下りの爺さんとの会話の中で

彼の父も土木事務所の所長をしていて 父の転勤に付き添い10歳ぐらいの時に

十勝川の茂岩事務所に赴任して来たと申していた

当時は 赤ふんどし(犯罪者) 青ふんどし(軽犯罪者)白ふんどし(請負契約労働者)

が現場作業に従事 赤ふんどしの犯罪者のほとんどは政治犯罪思想者だっただろうとも

青ふんどしは窃盗罪などの軽微な者  白ふんどしは全体の1割ほど 今で言う派遣ピンハネ労働者 

脱走者には厳しい罰 だがケガをさせるような事はしない労働力を失うからである

聞いた話では 酒 焼酎を体にかける すると蚊がその香りに引き寄せられ刺すというものであった

また逃亡の恐れのある者は足カセが付いていたとも

『だが(明治27年)に囚人使役が廃止されており昭和の時代に囚人労働?には疑問もある』

そうして出来上がったのが十勝川統内新水路であると 完成後半には機械が導入された

開発〇の資料を見ると昭和6年にルートが決められ昭和35年あたりまで工事をしている

機械が導入されたのは戦後昭和20年以降 GHQの奴隷労働解放措置が行われるまで

タコ労働が主であったはず だが開発〇の資料では 機械を利用し 人力労働受刑者も活躍したと

なっている

彼は昭和20年終戦の年に航空隊訓練生になり 飛行機の搭乗飛行訓練をしたところで

戦地には行かず終戦となる だが訓練飛行中に仲間が襟裳山中に墜落した

もう彼もガンで他界している 現在生きていれば85歳ぐらいだろう

先にも記述したが

昭和20年 連合国最高司令官総司令部(GHQ)からの命令がきっかけで

ようやく重い腰を上げた当局によって、ひときわ悪質な建設業者や斡旋業者などが

次々に検挙され送検・起訴処分となってからは、タコ部屋等の記述は減ることになる

地元にいるが石碑はあり 多くの殉職者がいたことの記述はあるがいったい

どれくらいの数の者が死んでいるかはほとんど記録にはない



だが現在の人材派遣労の仕組みは当時と変わらず継続されている

派遣労働者も賢く赴任支度金のみを受け取り素早く現場から消える方法などは今も昔も

変わりはない

昨日も福島原発の排水タンク設置工事において外国人労働者を偽装雇用し4次下請けとして

作業に従事させ 個人請負で溶接作業させていた 外国人(ブラジル)は日本語も

話せない者だった




余談となるが もう一人爺さんが会社にいた 彼は戦地に赴任し 当時のスリランカで終戦を

迎えたのか スリランカで強制労働したのかは教えてくれてはいないが 

シベリア抑留には参加していない

戦時中捕まえた捕虜には犬肉人肉を与えたと申していた

自分は人肉は食さなかたとも聞いている

彼は敗戦後 田舎のニッサン自動車の工場長を務めていることから見ても

軍隊でも役職であったことだろう(推測)






 











posted by ohashi123 at 21:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

TPPとPPAP

あれだけ物議のあったTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)

昨日 衆議院特別委員会においてTPP協定及び関連法案が強行採決された

あれだけ反対と言っていた農協もいつも間にか反の声は聞こえない

既得権益だけまもれたのか?


そんな同時期にPPAP お笑いが・・・・

わざとTPPに合わせてるのか?は不明であるが

日本の政治とジャーナリズムはお笑い芸人に負けたのでは?
posted by ohashi123 at 19:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

氷の轍(わだち)

凍結した路面にハンドルを取られ 事故でもおこしたのか?

昨日降った 一足早い平野部での降雪のニュースで札幌でのJRバスに乗用車が轍にスリップして衝突

釧路では凍結した路面で交通事故が多発したようだ



氷の轍(わだち)

直木賞作家 桜木紫乃  あまり記憶にない 受賞会見でタミヤのTシャツを着て

ゴールデンボンバーのファン????

記憶の隅にそんな程度でした

昨日 朝日放送でTVで放映していたものを見てしまった 

原作とTV放映では やはり 違いがあるのか? 

あまりにも 北海道のイメージをそこまで表現するのか?


他の作品も読んで見ることにする 

他の作品は 受賞作 ラブレス 起終点駅 ホテルローヤル など

年代的にも同世代の作家である






posted by ohashi123 at 18:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

雪景色

11月になって間もないのに

平野部でも雪が降りました 日陰はもう融けないのでしょうか?
posted by ohashi123 at 20:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

ピアノお別れ

使われず部屋の隅に陣とっていたピアノとお別れしました

DSC_2739.JPG
posted by ohashi123 at 20:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

20回目の誕生日

とうとう20回目の誕生日となりました  成人です

時間が過ぎるのが早い  1年 もう11月 あと2ヶ月で正月です

自分の年齢も確実に増えている 同世代の他人をみて老けたように見える
posted by ohashi123 at 20:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

給付型の奨学金 3万円

私立の給付型奨学金の検討がされているようです

毎月3万円 返済無し  だが収入条件 学業成績 で 全体の予算調整中のようだ

以前は平均評定3.5を一つの基準にしていたようだが これでは支給人数が多すぎるので

現在高校での平均評定4.0を基準にするようです 
posted by ohashi123 at 20:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

秋到来

紅葉も平野部までやってきました

DSC_2781.JPG


山頂には雪もあるようです
DSC_2757.JPG

DSC_2764.JPG
posted by ohashi123 at 20:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

修学旅行から帰る

新しいお友達がやって来た

DCIM0564.JPG

せんとくん 怖い

DCIM0562.JPG

DCIM0559.JPG
posted by ohashi123 at 19:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

修学旅行に出発 K46

本日朝早く 出発いたしました 広島 京都 東京 を見学してくるようです

おこずかい 4万円プラスαを握り何を持参して帰って来るのか楽しみです
posted by ohashi123 at 17:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

一人暮らしの家計簿内訳

ユーチュブ見てたら ひとり暮らし始めた男子の内訳

1ヶ月 ¥94175- 食費と交際費 こずかい 被服費はふくんでいない

食費は昼食込で¥30000- 昼食は¥6000- 

預金はできない

手取り給 ¥150000/月では きびしいようです

********************************

我が家の家計簿は

住宅ローン ¥60000-  支払い済のため現在は無し
電気    ¥10000-
ガス     なし
上下水道  ¥5000-
灯油    ¥10000-  昨年年間12万
車保険   ¥6000-   2台分 7万/年
新聞    ¥3600ー
NHK   ¥1600-
固定資産税 ¥10000-  12万/年
通信費   ¥24000-  AU光 携帯1 スマホ3
自動車税  ¥6000-   2台分 7万/年
**********************************   
      ¥136200-/月

上記以外
ガソリン  ¥20000-
食費    ¥40000-
こずかい  ¥20000-
教育費   あえて触れない
自動車損料1¥16250-      車体160万 車検5回分 5*7=35万を10年で償却  1台分 
自動車損料2¥13750-      車体130万 車検5回分 5*7=35万を10年で償却  1台分
*********************************************
      ¥110000-/月

手取り給月 25万では厳しい結果である



posted by ohashi123 at 19:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

かぼちゃ

2016 畑の収穫 かぼちゃ 1ヶ

寒くなるが いつ切り離せば最適なのか?

DSC_2684.JPG
posted by ohashi123 at 11:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

高速道路 無料区間

台風10号で 日勝峠が通行止

高速道路 帯広音更~占冠 区間が無料となっている

この区間を超えて利用する場合は通常料金を徴収

この通行証は今でも存在していた


DSC_2565.JPG
posted by ohashi123 at 15:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

台風10号

札内川 国道38号 幕別側より撮影  9/1

DSC_2418.JPG

DSC_2426.JPG



札内川 中流 大正地区 氾濫箇所  9/1

DSC_2532.JPG



札内川 帯広川 合流 帯広川方向より撮影  9/1

DSC_2540.JPG



清水町  キツネ川 下流 9/3

DSC_2601.JPG



新得町 佐幌川 国道38号 上流 9/3撮影

DSC_2590.JPG






posted by ohashi123 at 13:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

奨学金

奨学金のあり方

授業料 生活費 を合わせると 奨学金では不足する

それを補うために アルバイト 

過酷なアルバイトが授業学業への影響で 単位を落とし

翌年から奨学金が打ち切りとなり 卒業も不可能な悪循環

確かに 東京での居住費は 学割?も無いし 1K 6万円以上



私立大でも授業料は 奨学金で賄える金額であるが 生活資金が無い

医学部 医療系では独自の支給型給付が多くあるのだが

一般の学部では給付型は ほどんど無いに状況

まず学業に必要な安価な学生寮を提供できれば なんとか卒業が見えて来る

国立大にはそれが存在している おまけに授業料も安い設定である

だがすべての人が大学に進学するのではないので 不公平観はあるのだが・・・ 

解決策

その1 大学そのものを 郊外 に移転 居住費を下げる 

その2 空き公営住居を活用し収入基準に合わせ居住させる

その3 公共料金に学割設定を行う 居住は1人なので 世帯料金負担との2重を軽減する

その4 アルバイト労働の監視厳守化  ハローワーク 雇用指導官は現在もいるはず
    不良企業の排除 賃金支払いを行政代行するぐらいやらなければ 良くはならないだろう

その5 労働単価を 公務員の日割額りまで上げる そもそも一般企業価格を反映し公務員の支給額が
    決められているのに なぜ 2倍を超える支給額が当たり前に存在しているのか?


教授 これぐらい発言してほしいです


  









posted by ohashi123 at 17:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする